らしさ。

ぶらぁっくーほーぉるー闇のーばーぁーすでーぃ
THE BACK HORN/ブラックホールバースデイ
気持ち悪さっていう彼ららしい曲…かと思ったら……サビ入った途端…。
芸風が変わってるような…まぁ嫌いじゃないけれども、バックホーンらしさっていうか…そんな色で曲はじめてるのにサビで…なんつーかこう…いやまぁバックホーンらしいのはバックホーンらしいんだけど…混同してるっていうか…。
わかれると思うんですよ、彼らの曲ってのは。
一般人でも聞きやすいけど、彼ららしい歌詞とか、曲調とかのモノと、完全に彼らの色一色な気持ち悪いっていうか、こう、混沌とした世界感を持ったモノに。
ピンクソーダとかの最初の頃のや、ちょっと前でも孤独な戦場、8月の秘密とか、幾千光年の孤独やら、カラビンカみたいな。
私はコアなバックホーンファンと話をあんまりしたことが無いので、勝手に自分で判断してるわけですが…。
私的に、気持ち悪い曲ってのは、本当に気持ち悪くて、最初聴いた時は「なんだこれ」って思うような。でも聴いてる内に受け入れられるようになるような、寧ろそれが心地よくなるようなモノで。
ジョーカーみたいな曲もあるけど、ブラックホールバースデイは…ちょっと理解に苦しんだ。
Amazonとかのレビュー的な物で点数つけるとしたら★★★☆☆ってとこですかね。
[PR]
by bloody_red_cross | 2006-01-16 00:14 | ほか
<< あいきゃんふらい! 気が付いたら2006年 >>