カテゴリ:謎文( 2 )

第二回。

宇宙人の有無について騒がれている昨今、もっと大きな課題があると思われる。
昨日見た演劇のレポートや、巨大ミミズの確認、三段腹の解消などなどだ。
耳掃除を極めろ。という課題が出されても、深さや程度は人それぞれなので難易度が高い。
それが自分の耳掃除ならいいが、犬、猫、象にキリン、チュパカブラやインド人だったらどうなるのであろうか?
犬や猫は、仕事もあるだけあって可能だろう。象は耳が重そうだがなんとか。キリンは脚立を持ってこい。
チュパカブラってなんですかね?なんでも山羊などの家畜の血をすっからかんにするUMAだとか。UMAは会わないので耳掃除しなくてもいい。
インド人はやばいね。もしかしたらターバンで耳を隠してしまうかもしれん。いざ耳掃除となったらカレーを投げつけてくる可能性だってある。
カレーは恐い、何せ日本人の好物だけあって、カレーに群がってしまう。
そうなった時点で日本人は負けである。カレーによってインドに買収されてしまうのだ。
買収された日本はインドになってしまう。そこかしこからナマステーナマステーと聞こえてくるだろう。
牛すらも食べることが出来なくなってしまうのだ。BSEだかUSBだかNHKだかに恐れる必要が無くなるかもしれないが。
国産高級肉牛は国産神聖牛になり、NHKは潰れてしまう。
NHKが潰れたらそれはそれでいいような気もするが、NHKしか見ない老人達はテレビから離れていくだろう。
テレビから離れた老人は暇になり、日々ゲートボールをするようになる。日々日の出から日の入りまでゲートボールをし、体を鍛えるのだ。
体を鍛えた老人達はたむろっている不良をもあのハンマーで撃退することであろう。
不良達は老人を恐れ、真面目に勉学に励むこととなる。
そして不良達は持ち前のガッツと、老人のおかげで手に入れた知力で日本をインドの支配から救うのである。
頑張れ不良達!
[PR]
by bloody_red_cross | 2005-11-23 14:14 | 謎文

一息。

進行率未だ10%未満。
むしろ5%、いや、1%にも届いていないんじゃないだろうか。
そもそも、何処までまとめればいいのかがわからずに延々と書き続ける日々である。
ほぼ常時電波を受信するため、それを結び付けるために既に出来上がっている部分の訂正も同時進行で行わなければならない。
アキ㌧電波受信中。ピコピコ。

と、まぁ、筆休めをしようとネットをぶらぶら。
素敵な物を発見。
手を休めることなくひたすら文章をつむぎだす。
こ、これは……!
僕に対する挑戦か!
その挑戦…受けてたつ!
開始

私は何かあってもなくても酒を飲むわけだ。
酒を飲むと電波が多量に受信されてくる。
妄想と言う名の電波を多量に受信する。
つまりこれを電波と呼ぶなれば、発信源があるということになる。
発信源はどこかと思いをめぐらせていたら、最終的に日本で最も高い山、富士山に至った。
富士山は凄い、何せ周囲が樹海で自殺の名所だ。
死んでも死に切れない人の想いを考えていたら切なくなった。
切なさだったら私は誰にも負けない。日々切ない系で過ごしているのだから。
ところで、人が皆切ない系だったらどうなるのだろうか。
そりゃもう世界は終わってしまう。
何せ切ない系の人間は何をするかわからないのである。
例えば、メッキ槽に突入して、体中をメッキで塗り固める可能性も否めない。
中には金に物を言わせて純金を塗りたくる奴も出てくるだろう。
全身まっ金々。あまりのまぶしさで人々は目が潰れてしまう。
目が潰れた人々は何もすることが出来ず死滅していく。
つまり人間は滅亡してしまうのである。
だが安心を、この世界には地底人というものが存在する。
主食はモグラと木の根っ子、服など着る必要もないほど全身体毛だらけらしい。
地底人の凄いところは、ワイルドに生きている為に、物の考え方が大雑把なところ。
時にふとした間違いから地上に出てしまうことも多々あるが、大雑把なためあまり気にしない。
イエティだなんだと騒がれているモノ達は地底人なのだ。
日々女子高生の格好をしたオヤジ達を狩る。
決め台詞は「イケメン撲滅」
イケメンすらも狩り尽くす地底人に栄光あれ。
[PR]
by bloody_red_cross | 2005-11-21 21:56 | 謎文